診察接遇のスペシャリスト医療事務のお仕事は意外と人気が高い!

【 P R 】バイアグラジェネリックのカマグラでパートナーを満足させよう

病院の受付という印象が強い医療事務ですが、受付業務以外にもさまざまな仕事を任されています。
患者として病院に訪れた際に印象に残る人たちといっても過言ではないかと思います。
では、具体的にどのような仕事を任されているのでしょうか。
また、資格は必要か否か・資格を持っていることで有利に作用するものなでしょうか。
これらは、興味があるという方も本格的に進みたいという方も気になる部分かとも思います。
今回は詳細な部分に焦点をあてて考えていきましょう。

医療機関において大切な役割を持っている医療事務

勤務先についてですが、総合病院・大学病院から個人のクリニックにおけるまで幅広いのも特徴の1つでしょう。
特に個人病院の場合は、事務仕事ばかりではなくそのほかの雑務も同時にこなすということが比較的に多いでしょう。
一方、規模が大きい病院となると、患者さんとの直接的なやり取りというものが一切無い場合もあるでしょう。
ですから、職内容もその環境に合わせて変化するものともいえるかと思います。

一般的には、医療機関の「受付」業務を行います。
初診や再診の手続き、保険使用の確認から診察券の発行業務も行います。
場合によっては、入院・外来で受付が分かれておりそれぞれの受付を行うということもあるでしょう。

また、データ入力業務も行います。
先にふれた保険証の情報や診療内容のデータを記入し整理します。
そして必要に応じてすぐに引き出せるような形を作るのも仕事の1つです。

業務の中でも大きなもの「診療報酬」について

仕事の中でも大きな業務といわれているのが「診療報酬明細書」の計算です。
レセプトと呼ばれているもので、診察・診療が終わった患者さんの医療費を計算します。
計算方法ですが、患者さんが加入している医療保険によって負担額が異なってきますので、それぞれのケースに合わせた金額を算出することが求められます。

また、支払った医療費の負担額以外の部分は患者さんが加入している社会保険・国民健康保険に請求をします。
そのための書類を作成します。月に1度ずつ行う業務であり、もっとも重要な仕事といっても過言ではないでしょう。

先のような業務については、ある程度の専門知識が求められるものとなります。
ですから、試験をクリアし資格を有しているという方が多いのも傾向の1つといえるでしょう。
中には、この請求業務時期だけお仕事をするという方もいらっしゃるようです。

お仕事を始めるには資格所持が必須なのかについて

答えから言えば、お仕事に就くだけとなると資格所有は「必須ではない」といえるでしょう。
ただし、所有していることで有利であるということもまた間違いないのです。

所有しているメリットとして考えられることは、即戦力としてみなされやすいので就職がスムーズであるということ・資格を有していることによって手当てを支給されるという可能性もあることなどがあるでしょう。

就職の際の優先順位度も上がるとされています。
一般的な優先順位は以下のようなものになります。

1.有資格・実務経験者
2.無資格・実務経験者
3.有資格・クリニックでの実務経験者
4.無資格・クリニックでの実務経験者
5.有資格・未経験者

..といわれていますがその限りではありません。
年齢的な部分においては、個々の募集要項によって異なってきますが、比較的に年齢幅が広いというのもこの職業の特徴といえるでしょう。
フルタイム・パートタイムとスタンスにおいても柔軟性があるとも言われています。